ペット画のこと。知っていただきたいこと。

1枚のペット肖像画完成までのこと。

まず、ペットを飼っているお客様側からすれば「描いてもらいたいんだけど、どこか描いてくれるとこないかな?」と、今の時代ネット検索する方が多いのでは ないかと思う。そして幸運にも目に留めてもらえたページをとりあえずブックマークなんかして、画風と価格をいくつかの気になったページと比較し、時間をか けて検討したあとにご注文したりしなかったり。

肖像画制作を生業にしている作家さんたちは皆自分の絵の技術、画風に自信を持ち、星の数ほどいるかはわからないけど、たくさん居る中から選んでくれた以上 は期待に応えられるよう心を込めて制作に取り掛かるのだろう。もちろん私もそうで、完成品をお届けしたあとの喜んでくれる顔を想像しながら心を込めて描い ています。

制作のご依頼メッセージと一緒に送られてきたペットの何通りかの写真とペットの性格や特徴の文章を拝見し、肖像画のアイデアを考え始める。私の描くペット 肖像画は一般的な写真をそのまま描く肖像画ではなく、顔は写真をもとに描きますが、擬人化してファンタジー世界の衣装を考え、二足歩行させた場合の構図を 考え、下描きを描きます。もちろんご依頼主のご要望になるべく応えるため、資料の写真では分かりにくかった尻尾の形や、指摘があれば衣装の部分を修正し、 納得のいく下絵ができるまでやりとりの時間を入れて平均1週間前後。

下絵に納得いただけたら色塗り開始です。色塗りに入ったらすぐに完成しそうだと思われる方もいるかもしれませんが、クオリティの高い作品を完成させるには 意外と根気のいる作業です。パステルという顔料を固めた画材を塗り付け綿棒などで紙の目に馴染ませていきます。ベースになる色を塗ったらフィキサチーフと いう定着液でパステルの粉を固着させ、その上から少し濃いめの同系色で影の部分を塗り立体感を出します。顔の部分であれば、さらに模様などを描き綿棒等で 馴染ませフィキサチーフで固着。衣装の部分も同じ要領で奥から段階的に仕上げていきます。最後にハイライトの白を何カ所か入れ、メリハリを出します。その 後背景を描き、フィキサチーフで固着させて完成。絵の密度にもよりますが、A4サイズで最近だと3日から4日間くらいの作業です。

肖像画のご依頼制作の場合は、ご期待以上の絵を描き上げたいという気持ちで制作していますので平均10日間前後の時間を要しております。一見高額だと思わ れるペット肖像画も時給で換算すると儲けはあまりありません。(絵の価値は時給で考えるものでもないですが…。)さらに通常の肖像画では額縁代金と送料も 全部込みにしてますので…。

それでもご依頼をいただければ喜んでいただくために毎回心を込めて描いてます。制作を続けていくためにはもちろんお金が必要です。月に3件以上のご依頼が あれば有難いなと思います。ご依頼が増え、続けて制作をすることにより作業時間を短縮し、収入が安定することによって心に余裕が生まれ、さらにクオリティ の向上に繋がるのではないかと思います。

何が言いたいかというと、「描いてもらいたいんだけど、どこか描いてくれるとこないかな?」とお探しの方は、是非私にペット肖像画を描かせてください!是非ご注文をお待ちしています☆

Hey Visitor!